投資信託の税金について

投資信託の税金の仕組みはどのようになっているのか分からない人がたくさんいます。実際にこの仕組みは株とあまり変わりがありません。また特定口座の種類によって確定申告の必要がない税率20パーセントや、損益通算ができるとされるなどほとんど株と同じような扱いになっています。投資信託には株式と公社債があります。このどちらの物を買っているかで税率や税金の優遇が変わってくるのです。したがってこの点についてしっかりと理解をしておくことが大切です。確定申告をしなくてもいい人は、口座の種類によって決まります。サラリーマンの人で株や投資信託の利益が20万円以下の人は、源泉徴収なしの特定口座を選ぶことで、税金を払わなくてもよくなっています。しかし20万円を超えた場合には確定申告が必要になります。また源泉徴収ありを選ぶと、どれだけ利益が出た場合でも確定申告をする必要がありません。しかし投資信託を売却するときには、必ず税金が10%引かれるようになっています。また株式型は株と税制面でほとんど変わりがありませんが、たくさんの優遇措置を受けることができます。これと比べて公社債型は特別な優遇措置がありません。投資信託の税金はこのようなしくみになっています。