投資信託の種類について

昨今様々な金融商品がありますが、その中の一つに投資信託があります。これはまず最初に、一般の消費者である投資家から資金を集めてそれを一つのファンドにします。そしてそのファンドを投資の専門家が投資家に変わって株や債券、不動産等に投資を行うのです。個人の少額の資金を集めて大きな資金にすることで、個人の資金では到底無理である大型の投資を行うことが可能となるのです。投資信託は大きく分けて2つの種類に分けられます。まずは国債や地方債、社債といった債権を投資の対象としているものです。この場合は株式を一切取り入れずに投資をするもので、公社債投資信託と言われています。これは主に安定的な運用をしたいと望む人に向いているものです。ただし元本割れになることもあり、この場合追加設定を行うことは不可能となります。一方、株式の組み入れが可能となっているものを株式投資信託と言い、これは国内株式型や株式型、公社債等を組み合わせたバランス型等があります。さらにこれは2種類に分類され、その一つが日経平均株価や東証株価指数などに連動する運用を行うインデックス型です。そして市場平均を上回る運用の成果を目指す、アクティブ型があります。